歌コラム

歌の声量は声の大きさじゃない

もし「声が小さい」と言われたらどうしますか?

 

たくさん息を吐いて大きな声を張り上げるでしょうか?

大きな声を張り上げると喉がヒリヒリしませんか?

これを続けていると、声帯結節や声帯ポリープにも繋がっていき、とても危険です。

 

歌の場合、声量は声の大きさではありません。

(私は舞台役者出身なので話し声もそうだと思っていますが)

どれだけ共鳴させられるか?響かせられるかです。

 

響けば声は大きく聞こえます。

響けば発声はどんどん楽になります。

そうすると、息も長く持つようになります。
音程も良くなります。
表現をする余裕もでてきますよ。

共鳴腔を開き、味方につけ、声を響かすコツをつかみましょう。

そして、気持ちよく歌えるようになりましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です