歌コラム

腹式呼吸と音程の関係

歌を歌う時に有効だと言われている腹式呼吸

▶︎腹式呼吸とは・・・
肺の下についている横隔膜を下に下げる事によってより多くの空気を吸い込む事のできる呼吸です

 

では、何故この腹式呼吸が有効なのか、皆さんはご存知ですか?

横隔膜を下げると
↓
気管が下に引っ張られ
↓
喉が開く
↓
イコール共鳴腔が広がる
↓
声が響く

 

となります。

きちんと共鳴を利用してあげると少ない呼気で声は響くんです。
という事は、無駄な息が減りますね。
この体と喉の開きをキープして歌う、という事が安定的な音程の要となります。

逆に、息を吐きすぎてしまうと、横隔膜が上に上がっていき、同時に喉も閉まっていきます。
すると音も一緒に浮き上がってしまい、音程は不安定になります

歌で言う、【支え】はこの部分と密接なんです。
ここを強化すればロングトーンにも強くなります。
※腹式呼吸が必要ないというボイトレも最近はたくさんでていますね。

 

どれが正解不正解ではなく、何を先に意識するかの違いだけではないのかと、私は思っています。
どこから学んでも結果的には自然と腹式呼吸になってる事が多いからです。

寝ている時には皆、自然と腹式呼吸をしているんですよ。
よって、腹式呼吸は人間の本能とも言えますしね(^^)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です